Sing a song for today

明日を憂う前に、今日を生きる。今日を唄う。

自分メモ:たかみな世代女子が観た「AKB48総選挙SP」

AKB48総選挙公式ガイドブック2015 (講談社 MOOK)

AKB48総選挙公式ガイドブック2015 (講談社 MOOK)


特別好きな訳でもないのに「AKB48総選挙SP」を観てしまった土曜の夜。女性アイドルは「興味がある」程度でガッツリ好きなグループは無かったりするのだけど、同世代〜自分より歳下の女子たちが頑張ってるのを観ると刺激を受けます。女子高育ちなもので。特に同い年でアイドル続けてる子にはぐっとくる。

丁度16人選抜の発表辺りから見始めたので、その辺りだけ。別に分析とかしてないです。自分メモ。

※以下敬称略。コメントは大意の部分あり。

▽可愛い子を見つけた
・第16位 武藤十夢(AKB48)
ハタチの子。良いスピーチしてた。
「総選挙は年に1回、自分の名前を覚えてもらって、存在を知ってもらえるチャンスの場」
「AKBには見つかっていないけど、劇場でキラキラ輝いている子がたくさんいる」
「私のような期待されていなかったメンバーでも、チャンスを掴んで光をみることができると証明できたと思うので、諦めないでほしい」

・第11位 北原里英(NGT48)
名前は知ってたけど改めて。とむちゃんと併せて、私は黒髪ロングの女優顔が好きらしい。
きたりえちゃんも同い年。新しいグループ(NGT48)で0から始めるのは大変だろうけど、応援したいなと思ってる。

▼かっこいいひとが好きだ
媚びない感じ。あっけらかんとサバサバと。

・第8位 宮澤佐江(SNH48SKE48)
さえちゃんはタメで、上海で頑張ってるイメージが強くて。応援したいなって素直に思う。

・第6位 山本彩(NMB48AKB48)
さや姉はアイドルやってるときも然り、ギターを弾いてるときがかっこいいなと思っていて。グラビアも映えるし。今日のスピーチ全文読んだら「将来の夢はシンガー・ソングライターになること」って言っててビックリしたけど(笑)入口たり得る人として、まだまだNMBを引っ張っていってほしいなーなんて。

珠理奈ちゃんは観る度に「まだ○歳!?」ってびっくりさせられてきたけど、本当に偉い18歳だなぁと。。。プレッシャーとか物凄くあるだろうに。
5位という順位を受けて「私を燃えさせてくれてありがとう」ってのが清々しくて最高でした。

▽同い年の上位にぐっときた
「頑張らなきゃいけないときは一瞬じゃない」
「頑張らないと始まらない」
「努力は必ず報われると人生をもって証明します」
あっちゃん登場からの花束贈呈にも震えた。総監督は大変だっただろうけど、AKBの歴史を作った一員として、同い年として尊敬する。自己最高順位おめでとう!

・第2位 柏木由紀(AKB48・NGT48)
呼ばれた瞬間の笑顔が素敵だった。涙も見せなかったし。ゆきりんのことはドラマ「黒服物語」で好きになったんだけど、媚び媚びなのかと思ってたらナイスバディだし可愛いんだよねー。正しくアイドルやってる感あるし。ゆきりんも素直に応援していきたい。

▼他
・第15位 柴田阿弥(SKE48)
「今年は目を見開くのはやめて」(笑)
ちゃんと目ヂカラをネタにできる強さ!頑張ってほしい!

・第13位 松村香織(SKE48)
それで良いのか25歳(笑) 良い意味で、変わった人やなと。
「終身名誉研究生」が昇格して選抜入りって、なかなかのシンデレラストーリーで良いんじゃないかね。

・第12位 渡辺美優紀(NMB48)
小さい頃、焼肉が食べたいと言ったら、お母さんはカレーパンを食べてから焼肉に連れて行ってくれた、と。不意打ちの、ライトな「お金無い」トーク、泣けた。ここで笑ったスタジオにイラっとしたw いいこなの伝わったよ、みるきー

・第1位 指原莉乃(HKT48)
この人ほんとに面白い。そしてアイドルとして、というかタレントとして聡い。
前田敦子にも大島優子にもなれない。指原莉乃をやり遂げようと開き直った」
「2年前の1位はスキャンダルからの大逆転劇と言われたが、いつか指原莉乃として評価されたいと思っていた」
「陽の当たっていない皆さん、落ちこぼれの皆さん、私の1位を自信に変えてください」
スキャンダルで明らかに順位下がったメンバーもいる中、ちゃんと上位に君臨し続けてるのが凄いし、明らかに左遷だったHKTでちゃんとポジションを作れているのも素晴らしい。なくてはならない人になったね。


全員には触れてないけど、この辺で。
また面白いものを見せてもらったなという感じ。

お金の動きや権力構造が見え隠れする中、そこにはリアルに生きている、アイドルとして輝く彼女たちが居る訳で。

単純にファンの力だけではなく、また不参加側にも思うところは沢山あるのだろうけど、チャンスでもあり辛い思いもするであろう場に立つことを選んだ参加側の皆さんに、まずは心から「お疲れ様」と声をかけたい気持ちでいっぱい。

自分自身を「商品」として「営業」してるアイドルのこと、心から凄いなと思ってる。どんどん新しいもの見せてほしい。